12:2chで話題:2015/10/16(金) 11:03:05.61 ID:GKh9LowR0.net
邪馬台国って
奈良か兵庫あたりにあるっていってなかったっけ?

邪馬台国は、
2~3世紀に日本列島に存在したとされる国(くに)のひとつである。
邪馬台国は倭女王卑弥呼の宮室があった女王国であり、
倭国連合の都があったと解されている。
邪馬台国の所在地が九州か近畿かは、21世紀に入っても議論が続いている。
https://ja.wikipedia.org/wiki/邪馬台国
5:2chで話題:2015/10/16(金) 10:57:07.81 ID:uzKF+kDF0.net
明らかってほど明らかでもないんだよな
畿内の大和朝廷に併合もしくは滅亡させられた可能性もないではない

「ヤマ」がつく名称なんて
日本全国ヤマのようにあるなんちって
476:2chで話題:2015/10/16(金) 16:51:49.75 ID:dpqf5/jN0.net
>>5
大体ヤマタイコクって読んでるけどヤマトコクだと思うぞ
29:2chで話題:2015/10/16(金) 11:15:21.19 ID:RdNO9wzZ0.net
卑弥呼の呼称どうにかなんないの
完全に邪悪だよ
13:2chで話題:2015/10/16(金) 11:05:11.21 ID:JBETpfkj0.net
大分に移住してはや1年
俺は宇佐神社(駐車場高いふざけんな)ってのがなんか鍵を握ってると思うんだ

宇佐神宮(うさじんぐう)は、大分県宇佐市にある神社。
式内社(名神大社3社)、豊前国一宮、勅祭社。
旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社。
全国に約44,000社ある八幡宮の総本社である。
石清水八幡宮・筥崎宮(または鶴岡八幡宮)とともに日本三大八幡宮の一つ。
古くは八幡宇佐宮または八幡大菩薩宇佐宮などと呼ばれた。
また神仏分離以前は神宮寺の弥勒寺(後述)と一体のものとして、
正式には宇佐八幡宮弥勒寺と称していた。
現在でも通称として宇佐八幡とも呼ばれる。
https://ja.wikipedia.org/wiki/宇佐神宮


160:2chで話題:2015/10/16(金) 12:29:34.49 ID:K3KeG8dU0.net
>>13
宇佐神宮ってあんな場所にあるのに妙に格が高くて変だよな?
八幡宮の総本山言われても
なんであんなとこに総本山あんのって感じだし

八幡宮(はちまんぐう)は、八幡神を祭神とする神社。
八幡神社、八幡社、八幡さまとも表記・呼称される。
全国に約44,000社あり、大分県宇佐市の宇佐神宮を総本社とする。

八幡神(やはたのかみ、はちまんじん)は、日本で信仰される神で、
清和源氏、桓武平氏など全国の武家から
武運の神(武神)「弓矢八幡」として崇敬を集めた。
誉田別命(ほんだわけのみこと)とも呼ばれ、応神天皇と同一とされる。
https://ja.wikipedia.org/wiki/八幡宮
https://ja.wikipedia.org/wiki/八幡神
39:2chで話題:2015/10/16(金) 11:23:01.09 ID:tO0kJXe00.net
>>13
宇佐神社もそうだし、
九州の古代史や史跡は総じて意図的な謎にされているしタブーが多い
久留米の高良大社なんか謎だらけ。
岩戸山古墳なんか腫れ物あつかい
54:2chで話題:2015/10/16(金) 11:32:47.52 ID:VNNB67Gk0.net
>>39
高良大社は海神
57:2chで話題:2015/10/16(金) 11:34:37.51 ID:y9GVBh3k0.net
>>39
高良大社の言い伝えをザっと見ると、
皇室の先祖が居たけど軒を貸して母屋を取られた状態が現在

岩戸山古墳は
記紀の両方に反乱を記載された磐井関連の物だから腫れ物も当然
16:2chで話題:2015/10/16(金) 11:06:40.29 ID:VNNB67Gk0.net
台与=トヨ
邪馬台国=ヤマト国
興台産霊=コゴトムスビ

台=ト(日本書紀にも表れる読み方)

臺與(生没年不詳)は、
日本の弥生時代3世紀に『三国志 (歴史書)』、
魏志倭人伝中の邪馬台国の女王卑弥呼の宗女にして、
卑弥呼の跡を13歳で継いだとされる女性・壹與のことである。
魏志倭人伝中では「壹與」であるが、
後代の書である『梁書』『北史』では「臺與」と記述されている。
「台与」は「臺與」の代用。
漢字制限(当用漢字、常用漢字、教育漢字)のため教科書等では使用せざるをえない。

臺與の表記・読みについては異説が多く詳細は後記。

『三国志』魏書東夷傳の倭人之条、
(通称魏志倭人伝、陳寿編纂、3世紀・晋代)では
2写本系統とも「壹與」と記載されている。
発音は「い(ゐ)よ」か?。新字体では「壱与」。

『梁書』諸夷伝 倭(姚思廉編纂、636年・唐代)、
『北史』東夷伝(李延寿編纂・唐代)などに記述。新字体では「台与」。

「臺與」を「とよ」と読むのが通説となっているが、これには議論がある。
「台」であれば、「と」と読めるということに異論は無いようである。
しかし、「臺」と「台」は異なる文字である。
「壹」と「壱」の場合は単に新旧の字体の違いで済むのだが、
「臺」と「台」は元々別々の文字で後から「台」が「臺」の代替字となったに過ぎない。

https://ja.wikipedia.org/wiki/台与
143:2chで話題:2015/10/16(金) 12:21:25.71 ID:Ayc264+S0.net
>>16
なるほど
135:2chで話題:2015/10/16(金) 12:13:47.43 ID:FwaWbFnR0.net
>>16
邪馬台国=ヤマタイコクではなくヤマトコクって事か
718:2chで話題:2015/10/17(土) 09:42:49.08 ID:28i92RKA0.net
>>135
台とは近代の当て字なんだがな。
まあ、邪馬臺国=ヤマト王権の元に異存はないけど。
17:2chで話題:2015/10/16(金) 11:07:04.54 ID:RxrqvCPQ0.net
邪馬台国なんて、
支那の怪しげな文献にただ一度だけ出てきた固有名詞に過ぎず、、、
考古学的にも何かが出土したわけでもないのだろ?
22:2chで話題:2015/10/16(金) 11:10:04.53 ID:27XHDtU00.net
単純に考えて
金印が出土したところ(志賀島)が邪馬台国なんじゃないの
55:2chで話題:2015/10/16(金) 11:33:43.82 ID:0/5yUNdF0.net
>>22
志賀島の金印は「漢委奴国王印」
邪馬台国に下賜されたのは「親魏倭王印」

漢委奴国王印(かんのわのなのこくおういん、漢委奴國王印)は、
日本で出土した純金製の王印(金印)である。
読みは印文「漢委奴國王」の解釈に依るため、他の説もある。
1931年(昭和6年)12月14日に国宝保存法に基づく(旧)国宝、
1954年(昭和29年)3月20日に文化財保護法に基づく国宝に指定されている。
https://ja.wikipedia.org/wiki/漢委奴国王印


親魏倭王(しんぎわおう)とは、
魏の皇帝・曹叡から邪馬台国の女王・卑弥呼に対して、
西暦238年(239年説もある)に与えられたとされる封号のこと。
『三国志』東夷伝倭人条(『魏志倭人伝』)に記述されている。

未だに金印は見つかっていないが、
江戸時代の文献学者である藤貞幹が、
明代に出された『宣和集古印史』中に「親魏倭王」の印影を発見し、
どこかにある邪馬台国の卑弥呼の墓に「親魏倭王」の金印が眠っていると訴えた。
しかし、その本が偽書であったこと、
また「親魏倭王」金印は卑弥呼個人に対してではなく倭国王に下賜されたものであり、
卑弥呼の墓に金印が眠っている可能性は少ない。

そもそも中国王朝交代時には、
諸外国に対して新王朝への忠誠の証として前王朝の印綬の返上を求め、
その代わりに新王朝からの印綬を与えるのが慣例となっていた。
(前漢から新への王朝交代の際に、印綬の交換を巡るトラブルが生じて、匈奴などの離反を招いている)
https://ja.wikipedia.org/wiki/親魏倭王
26:2chで話題:2015/10/16(金) 11:12:15.23 ID:DKtf22pvO.net
邪馬台国も卑弥呼も中国の文献に一度登場しただけ。
日本側の史料には一度も出てこない。
どこにあったのか、魏志倭人伝を読んだって場所すらわかんない。
確実にその時代はヤマト王権が存在してて、
まもなく大和朝廷が日本列島のほぼ大部分を平定する、
統一王権に発達する手前の時代。

ということは、可能性は二つしかない。

大量の矛盾を全てガン無視して、邪馬台国が大和王権に発達したか、
もしくは大和王権が全国を平定する際に邪馬台国を併合ないし滅ぼしたか。
いずれの結論にしても日本史を検証する上ではさして影響のない。
92:2chで話題:2015/10/16(金) 11:50:02.55 ID:WIpeWwKi0.net
>>26
魏志倭人伝に書いてあることに素直に従うなら

倭国はかつて統一国家で、
朝鮮半島の狗邪韓国から、対馬等の島や、
末廬(松浦)国、伊都国、奴国とか2万戸以上の人口ある大きな島や、
更に渡って、投馬国、邪馬台国とか
5-7万戸以上の大国やその向こうにある11国の国までが全て倭国で、
以前は男王の元に統一されていて、
それが何年も続く内乱が起きて分裂し(倭国大乱)、
そのために話し合って邪馬台国の卑弥呼を倭国の王に推すことを決めて
それでやっと乱が鎮まったと書いてある

もとは一つの国で内乱で分裂して女王を選んでまとめただけ
それ以前の倭国統一王朝の王が邪馬台国の人とは書いていない
31:2chで話題:2015/10/16(金) 11:17:23.72 ID:cKPuV8fr0.net
まだ2千年も経ってないのに
あったかなかったかさえわからないとかおかしくね?
100:2chで話題:2015/10/16(金) 11:53:24.67 ID:fMuIIrnp0.net
>>31
漢字が入ってくるまで文字がなかったからな
神代文字なんてあったかどうか疑わしい話ならあるが

神代文字(じんだいもじ、かみよもじ)とは、
漢字伝来以前に古代日本で使用されたとされる文字の総称である。
江戸時代にはその真贋について議論の対象となっていたが、
近代以降は後代の偽作とする説が支配的になっている。

漢字伝来以前に使用された文字であるとして紹介された文字、
文字様のものに用いられる名称である。
神話や古史古伝に深く結びつき神代に使用された文字であると主張されているものと、
後代になって神代文字の一種とみなされるようになったものとがある。

主に神社の御神体や石碑や施設に記載されたり、神事などに使われており、
一部の神社では符、札、お守りなどに使用するほか、神社に奉納される事もあった。
機密文書や武術の伝書のほか、
忍者など一部の集団で秘密の漏えいを防ぐために暗号として使用されたという。
また、江戸時代の藩札の中には、偽造防止のため意図的に神代文字を使用したものもある。
鎌倉時代のころから朝廷の学者によって研究されたほか、
江戸時代にも多くの学者に研究されたが、
近代以降は、現存する神代文字は古代文字ではなく、
漢字渡来以前の日本に固有の文字はなかったとする説が一般的である。
その一方で、神代文字存在説は古史古伝や古神道の関係者を中心に現在も支持されている。
https://ja.wikipedia.org/wiki/神代文字
116:2chで話題:2015/10/16(金) 12:01:39.06 ID:y9GVBh3k0.net
>>100
俺は神代文字は当時の技術者が使用してた技術的な文字だと思う
41:2chで話題:2015/10/16(金) 11:23:25.43 ID:la15MBlM0.net
実際どこにあったか確定しちゃうより、
各地で論争してて
各地で観光資源になった方が儲かるな
43:2chで話題:2015/10/16(金) 11:25:30.26 ID:38rJNugV0.net
天皇ができてからならともかく
それ以前の史跡にタブーってあんの?
72:2chで話題:2015/10/16(金) 11:40:13.89 ID:y9GVBh3k0.net
>>43
基本的にどの国でも新支配の台頭で旧支配者は悪となるか存在抹消される
中国でも王朝交代で焚書当たり前だからね

んで、天皇誕生って日本誕生でもあるから、
それ以前に王権があった史跡というのは都合が良くない
特に日本書紀に反する物とかね
まぁ、正確には天皇を担ぐ勢力か
だから藤原家祖先の中臣鎌足以前の豪族の資料って少ないし、
戦国時代でも日本で重視されたのは源氏平氏だろ?

だから日本史のタブーは、
日本誕生以前の天津神と国津神に分けられる以前の話や、
藤原以前に皇室を支えてた勢力の話かね
81:2chで話題:2015/10/16(金) 11:43:37.60 ID:xFw3exu80.net
>>72
天皇家の出自を神様にしようと思いついたのは、
大陸からの神話の影響なのかな
そのせいで、昔からあった口伝やらなんやらに
壮大なファンタジーをくっつけて公式ストーリーに仕立てたのかね
103:2chで話題:2015/10/16(金) 11:55:18.13 ID:y9GVBh3k0.net
>>81
世界史の類似として、王権が誕生すると王と神が結びつくのが普通
皇室の祖霊信仰と大陸の神話の類似点は、簡単に云うと「仙人」だね
大陸だと道教か
しかし道教って宗教化する以前は
技術や思想の集合体、図書館とも云うべきものだった
その元となったのが神仙思想
人が神に至る思想で、
そこに至るまでの様々な工夫や知識が、後世で技術となったが、
日本の神様と道教の元となった神仙思想は似ているので、
全て大陸からの影響ってわけではないかも知れない
113:2chで話題:2015/10/16(金) 11:59:51.79 ID:xFw3exu80.net
>>103
むしろ、大陸からの神仙思想そのままじゃないかという気もする

紀元前ウン百年、縄文人だらけの土地に
ちらりほらりと江南人が移民してくる時代が
100年、200年、300年……と続いて弥生時代になったんだろうし
123:2chで話題:2015/10/16(金) 12:06:22.79 ID:y9GVBh3k0.net
>>113
神仙思想は不死を求めたものだけどその元は不明だからねえ
不死と山と鉱物水銀がある地域で誕生したんだろう
45:2chで話題:2015/10/16(金) 11:26:02.13 ID:cTLKOyIr0.net
九州にあるとか言わなければ、まだ良かっただろうに
44:2chで話題:2015/10/16(金) 11:25:39.42 ID:1pWew3/b0.net
九州説はもはや観光資源的な観点から
主張を取り下げられないでいるだけ。
46:2chで話題:2015/10/16(金) 11:26:36.24 ID:cyyfVAnF0.net
邪馬台国は九州に勢力持ってた一国でしょ
邪馬台国絡みの地名はほとんど九州に残る周辺国だからな
大和朝廷が邪馬台国に連なるか、別物かは知らんが
82:2chで話題:2015/10/16(金) 11:43:44.49 ID:0/5yUNdF0.net
>>46
魏志倭人伝に出てくる地名は別に邪馬台国と絡んでいるわけじゃない。
単に魏から朝鮮半島経由で邪馬台国にアクセスする際に
通過する国を書いているだけ。
魏からアクセスすれば九州を通過するわけで、九州の地名が登場するのは必然。
だからといって、
邪馬台国が九州にある証明にはならない。
47:2chで話題:2015/10/16(金) 11:26:52.43 ID:GRZPiVm60.net
江戸より前なんて信用0だわ
この情報化社会でもガセネタが氾濫してるんだぜ
誰かが伝え間違えたり、或いは誰かのほら話が疑いもされず全国に広がったり、
発掘物に名前が残ってたとしても適当に書いた名前かもしれないんだぜ
古事記や日本書紀、三國志演義みたいに
昔から想像やパロディするやつはいたんだから、
遺物や足跡がいくらあろうが何の証拠にもならんだろ
71:2chで話題:2015/10/16(金) 11:39:21.55 ID:DKtf22pvO.net
>>47
そういう間違いや不正を防ぐために書かれたのが古事記と日本書紀なんだぜ
75:2chで話題:2015/10/16(金) 11:40:55.37 ID:xFw3exu80.net
>>71
ていうか、古事記、日本書紀以前にあった口伝や風土記みたいなものが、
記紀編纂で捻じ曲げられて公式とされ
捻じ曲げられたものがずっと残されてきたんじゃねえかという気もする
85:2chで話題:2015/10/16(金) 11:46:37.86 ID:DKtf22pvO.net
>>75
文字が無い時代の話だから、わからないで当然というか、
正確に分かってたらそれこそ嘘なんだよね。
日本の史学は記紀からしか始められないんだから、
解らないものは解らないと認めつつ
記紀を正しいものと見なさなきゃいけない。
こんな悩み抱えてる国は日本だけだよ。
526:2chで話題:2015/10/16(金) 18:41:26.81 ID:gbsXd9Gs0.net
>>85
ローマに支配された歴史のあるイギリスは
ローマが最高!俺は辺境の王!昔のことはどうでもいい!って開き直れたが
日本は中国に侵略されないまま国力をつけてしまった
自らが神にならなければ民に示しがつかなかったのかな
537:2chで話題:2015/10/16(金) 19:13:21.92 ID:0/5yUNdF0.net
>>526
ローマの支配下に置かれた地域の蛮族は、
ローマ滅亡後にもローマの末裔国家であることを誇りにしていることが多いな。
ドイツなんてローマ帝国の外なのにローマ帝国の末裔気取りだし。
支那周辺国は
秦や漢や唐の支配地であったことを誇りにしている地域があるのかな?
50:2chで話題:2015/10/16(金) 11:29:46.32 ID:27XHDtU00.net
やっぱ九州だろうなあ
358:2chで話題:2015/10/16(金) 14:34:56.95 ID:mhJs1Flu0.net
>>50
亜熱帯植物の稲作文化だから
九州から徐々に北上した以外考えられないのだが
今は考古学界が近畿説の方が有力だから何があっても暫くは近畿説で決まりそう…
59:2chで話題:2015/10/16(金) 11:35:03.39 ID:ol++x1Tq0.net
邪馬台国は近畿(奈良・纏向?)にあったよ説
奈良から九州に遷都した説
九州にあったよ説
そもそも2つあったよ説

文化的には奈良、技術的には九州のほうが上って感じ?
68:2chで話題:2015/10/16(金) 11:38:46.82 ID:xFw3exu80.net
>>59
連合政権になったよ説は遷都説になるの?
74:2chで話題:2015/10/16(金) 11:40:17.15 ID:ol++x1Tq0.net
>>68
同一国という考えなら遷都かな
もしくは別の説
372:2chで話題:2015/10/16(金) 14:43:49.98 ID:B86+FRfw0.net
邪馬台がヤマタイで、2代目女王台与をトヨと読ませる不思議

台与をトヨと読むなら、邪馬台だってヤマトだろうよ
378:2chで話題:2015/10/16(金) 14:47:59.28 ID:8339xRG00.net
>>372
タイと読ませたのは本居宣長。
皇室が朝貢などするはずがないという理由
25:2chで話題:2015/10/16(金) 11:11:30.52 ID:xFw3exu80.net
九州の邪馬台国が宗主国となって、
奈良にヤマト連合政権が誕生した。 じゃ不味いの?
218:2chで話題:2015/10/16(金) 13:02:17.44 ID:N9cq1SeM0.net
>>25
もうちょっとかじった人間ならそう思う段階だよな
多分東遷でFA、今やってるのは多分プロレス
63:2chで話題:2015/10/16(金) 11:37:01.19 ID:LyfS673Y0.net
本居宣長がタブー視の諸悪の根源だろ

日本人なら字面から直感でヤマトのことだと考えるのが普通だが、
それと同時に天皇が中華皇帝に朝貢してたという過去を直視できなかった
276:2chで話題:2015/10/16(金) 13:36:38.35 ID:VNNB67Gk0.net
>>63
ほんとこれ
本居宣長の学説を覆さなければならない
いつまで江戸時代の学説を採用してんだよw
108:2chで話題:2015/10/16(金) 11:57:48.06 ID:2+S+XSMc0.net
>>63
実際は朝貢なんて、ただのお中元みたいなもんだからな
金持ちの支那からは色々くれたかもしれんが
116:2chで話題:2015/10/16(金) 12:01:39.06 ID:y9GVBh3k0.net
>>108
朝貢するとお礼に最新の知識や物資が得られたからな
遣唐使を廃止したのも、
唐から得られる物が無くなった、という現実的な意味が多い
112:2chで話題:2015/10/16(金) 11:59:49.35 ID:WIpeWwKi0.net
>>108
当時は国連とかないから
正統な国家として対外的にも承認されるためには
東洋秩序の中心たる中国様に自分の国こそが正統であると
認めてもらう必要があったのだよ
107:2chで話題:2015/10/16(金) 11:57:12.63 ID:qXpy0Z+xO.net
邪馬台からヤマトを連想するのは普通だろ。
卑弥呼は神功皇后で三韓征伐で魏に使者を送って話を付けたんだろ。
半島北部は魏の四郡が有るから警戒されたら嫌だからな。
64:2chで話題:2015/10/16(金) 11:37:29.85 ID:5ZQnsLeT0.net
大体、邪なんて文字をつける国なんてありえん
中国が大和朝廷のことを邪の文字を付けて勝手に呼んでるだけ
69:2chで話題:2015/10/16(金) 11:39:05.01 ID:++yAq60o0.net
じゃまたいこくか
77:2chで話題:2015/10/16(金) 11:41:47.78 ID:ol++x1Tq0.net
日本書紀はわりと
「他の本(今はもうない)はこう書いてあるんだけど」の記述が多いみたいだけどね
だから割りと中立なんじゃないかと思ってる
103:2chで話題:2015/10/16(金) 11:55:18.13 ID:y9GVBh3k0.net
>>77
天津神と国津神に分けてる時点で中立だね。相手が同格だから。
それでも天津系視点の話だから、どうしても天津系有利な話になる

天津神・国津神(あまつかみ・くにつかみ)は、日本神話に登場する神の分類である。
大国主など、天孫降臨以前からこの国土を治めていたとされる土着の神(地神)を「国津神」、
天照大神などがいる高天原の神を「天津神」という。
天津神は高天原にいる神々、または高天原から天降った神々の総称、
それに対して国津神は地に現れた神々の総称とされている。
ただし、高天原から天降ったスサノオや、その子孫である大国主などは国津神とされている。

高天原は、『古事記』に含まれる日本神話および祝詞において、
天津神が住んでいるとされた場所のことで、有名な岩戸の段も高天原が舞台である。

天照大御神の命令を受けた建御雷神と天鳥船神が
大国主から国譲りを受けて葦原中国の統治権を確保する。
その後に天照大御神の命により、
ニニギノミコトは葦原中国を統治するため高天原から地上に降りたという。これを天孫降臨と呼ぶ。

葦原中国(旧字体:葦原中國、あしはらのなかつくに)とは、
日本神話において、高天原と黄泉の国の間にあるとされる世界、
すなわち日本の国土のことである。

https://ja.wikipedia.org/wiki/天津神・国津神
https://ja.wikipedia.org/wiki/高天原
https://ja.wikipedia.org/wiki/ニニギ
https://ja.wikipedia.org/wiki/葦原中国
104:2chで話題:2015/10/16(金) 11:55:55.45 ID:Eg661CCfO.net
邪馬台国より
謎の四世紀の事が知りたいの

中国の歴史文献において266年から413年にかけての倭国に関する記述がなく、
ヤマト王権の成立過程などが把握できないため、
日本において「空白の4世紀」とも呼ばれている。


ヤマト王権(ヤマトおうけん)とは、
3世紀から始まる古墳時代に
「王」「大王」(おおきみ)などと呼称された倭国の王を中心として、
いくつかの有力氏族が連合して成立した
政治権力、政治組織である。「大和朝廷」と、ほぼ同じ意味である。

https://ja.wikipedia.org/wiki/4世紀
https://ja.wikipedia.org/wiki/ヤマト王権
136:2chで話題:2015/10/16(金) 12:14:08.08 ID:WIpeWwKi0.net
>>104
謎の四世紀は大げさで
単に4世紀は中国が匈奴に侵略されて
洛陽陥落して西晋滅亡したり大混乱だっただけや

日本は朝鮮半島南端に任那を作ったり(AC369年:七支刀銘文)
百済・新羅を破り臣民にしたり(AC391年:高句麗広開土王碑)
と活動してる
99:2chで話題:2015/10/16(金) 11:53:09.02 ID:85U00rN+0.net
マルタイ国なら九州なんだがな。


105:2chで話題:2015/10/16(金) 11:56:33.62 ID:++yAq60o0.net
日本の太陽信仰(天照大御神信仰)は
BC5300年の鬼界カルデラ大噴火に起因すると考える説も存在する

鬼界カルデラ(きかいカルデラ)は、
薩摩半島から約50km南の大隅海峡にあるカルデラ。
薩南諸島北部にある薩摩硫黄島、竹島がカルデラ北縁に相当する。
薩摩硫黄島はランクAの活火山に指定されている。
カルデラは北西-南東約25km、北東-南西約15kmの楕円形であり、
複数のカルデラが複合したものと考えられている。
カルデラ底部の水深は400-500m、海底には多数の海底火山があり起伏に富んだ地形になっている。

記紀の太陽神である天照大神が隠れ、
世界が真っ暗になった天岩戸神話を、
鬼界カルデラ大噴火の火山灰の雲による大災害と見る動きもある。
日本の太陽信仰(天照大御神信仰)は鬼界カルデラ大噴火に起因すると考える説も存在する。
天孫降臨の地の高千穂からは鹿児島湾や鬼界カルデラを目視できる。


カルデラとは、火山の活動によってできた大きな凹地のことである。
「釜」「鍋」という意味のスペイン語に由来し、
カルデラが初めて研究されたカナリア諸島での現地名による。
本来は単に地形的な凹みを指す言葉で明瞭な定義はなく、
比較的大きな火山火口や火山地域の盆地状の地形一般を指す場合がある。
過去にカルデラが形成されたものの、
現在は侵食や埋没によって地表に明瞭な凹地として地形をとどめていない場合もカルデラと呼ぶ。

https://ja.wikipedia.org/wiki/鬼界カルデラ
https://ja.wikipedia.org/wiki/カルデラ
412:2chで話題:2015/10/16(金) 15:32:26.42 ID:e3aRVDId3
>>105
面白い
118:2chで話題:2015/10/16(金) 12:04:17.86 ID:77GKpeh60.net
北九州とヤマトの二極ってのがスッキリする。
倭の五王とか600年の遣隋使がグダグダとか
白村江で唐と戦っているのに遣唐使とか
旧唐書の倭国と日本の関係とか
大伴金村と継体天皇とか
128:2chで話題:2015/10/16(金) 12:09:04.30 ID:y9GVBh3k0.net
>>118
白村江の戦いは最後の撤退戦だけど、
新羅の救援を決定したのは唐の皇帝ではなく皇后の武則天だからねえ
夫と妻では違うってことだろうか
122:2chで話題:2015/10/16(金) 12:05:54.07 ID:0/5yUNdF0.net
占領した土地に
本国の地名をつけることもよくあることだしなー。
地名だけではなかなか断定するのは難しい。
124:2chで話題:2015/10/16(金) 12:07:19.89 ID:ZgNfB1ul0.net
邪馬台はヤマトだろうけど、倭とか奴とか邪馬とかは何なのか
191:2chで話題:2015/10/16(金) 12:48:52.39 ID:AYTxEL300.net
>>124
ちゃんと音韻を残してくれてるじゃないか
あと、忠実に発音を支那語で表現しようとすると
他に適切な字がなかったとかなんとか
206:2chで話題:2015/10/16(金) 12:56:11.67 ID:c4jmZQqm0.net
>>191
仏典の音訳を見りゃわかるけど
当時も今も漢語の音訳はかなり適当だから
音の忠実云々はにわかに信用しがたい
211:2chで話題:2015/10/16(金) 12:58:18.74 ID:y9GVBh3k0.net
>>206
音は簡単に変化するからね
だから日本は山川が多く分断独立しやすい地域なので、
一山越えると訛りが違う、とかザラだったり
125:2chで話題:2015/10/16(金) 12:07:41.58 ID:QtZcPcSL0.net
百済
伽耶
高句麗
とかあの辺は日本に来てるしなぁ

あと、朝鮮式の城 って結構日本に沢山あるんだよ
岡山の温羅の城とかね
で、あの時代でなんと製鉄技術を持っているんだ・・・
他が青銅の武器だったり、の時代に鉄だからな・・・
恐ろしいこった
137:2chで話題:2015/10/16(金) 12:14:19.43 ID:IeG7vzhN0.net
>>125
朝鮮式山城はいくつかまわったけど
温羅の城、対馬金田城、基い城、掬池城は結構防御にちから入れてるけど
高良山神籠石、瀬高女山神籠石はあんまり防御力なさそうなんだよね
ほんと良くわからん
148:2chで話題:2015/10/16(金) 12:24:21.49 ID:DKtf22pvO.net
邪馬台国をヤマタイコクと読むかどうかも微妙
魏志倭人伝は中国人が中国人の為に中国語で書いた訳だから。
中国語で読むとシェーマーダイゴウだよ
これをヤマトと読めるか?
156:2chで話題:2015/10/16(金) 12:28:15.20 ID:77GKpeh60.net
>>148
中国でも何時の時代のどの地域かによって読み方が違う。
日本にも漢音呉音唐音宋音とかある
164:2chで話題:2015/10/16(金) 12:30:59.27 ID:xFw3exu80.net
>>148
古代語読みしたら、ヤマヒ国とかだっけ?
152:2chで話題:2015/10/16(金) 12:26:47.84 ID:oOSTQIE80.net
まだ確定していない以上、何とも言えない。
だから、邪馬台国の位置すら定まっていない。
大和政権の時代は、どうにか歴史記録があって、洞察できる。
よくわからない時代のことは、断定しないことだ。
159:2chで話題:2015/10/16(金) 12:29:22.09 ID:DKtf22pvO.net
>>152
その通り。
分かったとしても日本の歴史にあまり影響しないしな。
163:2chで話題:2015/10/16(金) 12:30:46.94 ID:q8oQebn00.net
九州にあった邪馬台国が近畿に移ったんだろ
地名の一致があるんだろ
180:2chで話題:2015/10/16(金) 12:40:06.34 ID:lHc90sM60.net
和国→大和国、木国→紀伊国、泉国→和泉国みたいなことになったのかな
218:2chで話題:2015/10/16(金) 13:02:17.44 ID:N9cq1SeM0.net
>>180
和(倭)国→大和(倭)国→邪馬台国(九州)に東遷、併合される
→邪馬台国が発信地(首都機能)を大和(ダイワ)に移す
→大和の読みが(ダイワ→ヤマト)に変更される
220:2chで話題:2015/10/16(金) 13:04:40.46 ID:c4jmZQqm0.net
>>218
時代的に和語→漢語読みの変更ならともかく
漢語読み→和語への変更は考えづらいで
185:2chで話題:2015/10/16(金) 12:43:06.98 ID:QCIDILwr0.net
邪馬台国は九州だと思うが。
約30国の連合のひとつが邪馬台国。
水行十日陸行一月は帯方群から女王国までの日程とすれば、辻褄があう。
後、2回も伊都国の南と書かれているので、ここは重要。
伊都国の比定地は北九州が定説なので、邪馬台国は九州内。
189:2chで話題:2015/10/16(金) 12:47:59.12 ID:4r0K/Fa90.net
何にしても日本は古代の文書記録が自国に残ってないのが痛いな
必然的に中国からみた日本の記録に頼る事になるが
大陸に日本の事が残ってない4世紀なんか何もわからんし。

既にあの当時、朝鮮半島に進出してたり
逆に大陸や半島からも沢山人はきてたようなのに
何で日本には文字がなかったんだろう。
198:2chで話題:2015/10/16(金) 12:52:43.31 ID:yWErI1JeO.net
文字記録がない(記紀とかいうずっと後に言い伝えをまとめたもののみ)
墳墓の発掘調査はまともに行われていない
これじゃどうもこうも
古代史?何それ妄想?
208:2chで話題:2015/10/16(金) 12:57:10.30 ID:ZaWivIGV0.net
卑弥呼という名前も邪馬台国という名前も
中国が勝手に蔑んでつけた名前だからな

じゃあそれが日本のどこで誰に当てはまるかってのは推測はできるけど
事実として断言はできないんだよ
日本にまだ見つかってない国があった可能性もある以上
考えるだけ無駄
大切なのは大和朝廷以降の日本史
214:2chで話題:2015/10/16(金) 12:59:06.14 ID:4r0K/Fa90.net
本当、文字がなかったのが痛すぎるわ
邪馬台国からヤマトの時代って凄く興味深いのにさ
219:2chで話題:2015/10/16(金) 13:03:06.13 ID:++yAq60o0.net
魏志倭人伝だけが頼みの綱だもんな
225:2chで話題:2015/10/16(金) 13:07:52.67 ID:pHP3+8QB0.net
現代日本語でも地形を意味する単語として残ってる、
ヤマにヒントがありそうなんだがな。

インド以東の諸言語で同音のものが何を差してるかっつーかね。
239:2chで話題:2015/10/16(金) 13:14:12.75 ID:N9cq1SeM0.net
>>225
これも、山門国だかの元の漢字があったのを
朝貢の際に中国に邪馬台国と当てられたものと思われる
ちなみに山門国は現在の福岡に実在した
227:2chで話題:2015/10/16(金) 13:09:07.24 ID:++yAq60o0.net
古事記と日本書紀の編纂時期がなあ
500年前のことを文字なしで正確に伝承できるものなのか
230:2chで話題:2015/10/16(金) 13:09:51.56 ID:K8D3aVGh0.net
むしろ卑弥呼の時代から
百年そこらで朝鮮を支配した事実の方がタブー視されてる
234:2chで話題:2015/10/16(金) 13:11:27.50 ID:zKK6zQjP0.net
>>230
加羅とか百済って今習わんの?

伽耶(かや)は加羅(から)の現代韓国に於ける表記。
また加羅諸国(からしょこく)は、3世紀から6世紀中頃にかけて朝鮮半島の中南部において、
洛東江流域を中心として散在していた小国家群を指す。

加羅地域にヤマト朝廷から派遣された
倭人の軍人・官吏、或いはヤマト朝廷に臣従した在地豪族が、
当地で統治権・軍事指揮権・定期的な徴発権を有していたことが有力視されている。
倭国の半島での活動については、
『日本書紀』『三国史記』など日本、中国や朝鮮の史書にも記されており、
3世紀末の『三国志』魏書東夷伝倭人条には、
朝鮮半島における倭国の北限が狗邪韓国(くやかんこく)とある。
https://ja.wikipedia.org/wiki/伽耶

百済(くだら / ひゃくさい)は、
古代の朝鮮半島南西部にあった国家(346年? - 660年)。

倭国との外交関係としては、
百済の中期に高句麗の軍事的圧力に対抗するために和通したことが記録されている。
『日本書紀』には、隣国に攻められ窮地に陥った百済に対して日本が援軍を派兵した記録や、
領土を奪われた百済に任那の一部を割いて与えた記録、
さらには百済が日本に朝貢したり、王族を人質として差し出した記録などが数多く記されている。
その一方で『日本書紀』には
「百済は是多反覆しき国なり。道路の間すらも尚詐く」と記されており、
結局すべては対新羅、そして任那の権益をめぐっての戦略外交だったことが窺える。
https://ja.wikipedia.org/wiki/百済
255:2chで話題:2015/10/16(金) 13:23:50.72 ID:K8D3aVGh0.net
>>234
俺が習った時(10年前)は
百済は関係が深いだの友好国といった表現がされていて
属国とか臣民とか朝貢といった単語は一切聞かなかった

広開土王碑という単語は習うけど
それに何が書いてあるとかは習わなかった

好太王碑(こうたいおうひ)は、
高句麗の第19代の王である好太王(広開土王)の業績を称えた石碑である。
広開土王碑(こうかいどおうひ)とも言われ、
付近には陵墓と見られる将軍塚・大王陵があり、
合わせて広開土王陵碑(こうかいどおうりょうひ)とも言われる。
4世紀末から5世紀初の
朝鮮半島の歴史・古代日朝関係史を知る上での貴重な一次史料である。
https://ja.wikipedia.org/wiki/好太王碑
238:2chで話題:2015/10/16(金) 13:12:15.05 ID:ZaWivIGV0.net
薄々みんな気づいてると思うけど
邪馬台国っては九州北部にあった大したことない小国だったと思う
それより近畿の大和とか吉備国とか
出雲にあった国とかの方が日本史上重要なんじゃねと思ったりする

奈良に大規模な遺跡がみつかった
→邪馬台国じゃね?

こういう短絡的な思考はそろそろやめれ
246:2chで話題:2015/10/16(金) 13:19:13.21 ID:DKtf22pvO.net
>>238
ホントそう
241:2chで話題:2015/10/16(金) 13:15:50.16 ID:6qjBc52m0.net
>>238
同感だな。タイホウ郡を通じて魏に朝貢するって発想が
九州だし、目の前に敵対勢力のクヌ国はいるし小国っぽいよな
254:2chで話題:2015/10/16(金) 13:22:24.05 ID:Hk7oLvbP0.net
>>238
まあ普通に考えりゃそうだわなぁ
他国の圧力受けて中国にまで使者送るってのは
他の九州の小国にもあったわけだし
大和朝廷側の記録も残ってない辺り、
大したことない小国だった可能性が高い
大和朝廷の元なんだーというなら
その後の中国の史書にも出てくるはずだが出てこない

結局中国の史書に残ってるから大国のはずだという思い込みなんだろうなぁ
258:2chで話題:2015/10/16(金) 13:26:32.34 ID:y9GVBh3k0.net
>>254
中国が内乱ばかりだと外交できないんですよ
だから宋にも送ったのが倭の五王なわけで

大国かどうかはともかく、
当時の半島勢力が目上に見る程度には大きかった勢力のようですが
253:2chで話題:2015/10/16(金) 13:22:15.78 ID:Ipx5wXEe0.net
台与(トヨ)
なの?
257:2chで話題:2015/10/16(金) 13:33:13.33 ID:q9dz4i/ty
現代読みで似てるだけ
260:2chで話題:2015/10/16(金) 13:27:54.74 ID:f6/RqBlQ0.net
トヨはトヨタマヒメだろ。
トヨの国なんだから豊前・豊後の大分だろ。
で、宇佐神宮が遷宮する前にあった本来の場所とかあやしいと思う。
築城基地の近くなんだけど、
あの一角だけ福岡県になってる。いかにも意味ありげ。

あ、旧日本軍は邪馬台国の場所なんか普通に知ってたと思うんだよ。
神社の社伝とか肝心の部分は門外不出の秘伝になってて、一般には知られない。
そう言う情報が欠落したまま、
手探りで補完していってるのが日本の考古学なわけで。

日本中の神社の秘伝を聞き出して集められれば、大抵のことは解っちゃう。
とんでもない事も解る。でも、それは秘密。
その秘密を護るためには。
まず知らなきゃいけないわけで、
そう言う話を強制的に聞き出して、
大系化するって作業がなされたんだろうな。多分、戦前に。
271:2chで話題:2015/10/16(金) 13:33:54.75 ID:CHzkfIEt0.net
>>260
今の"単一民族"日本を維持するためには
それは引っぺがさないほうがいいんだろうな
東日本にとっては面白くない話がいろいろ出てくるから
277:2chで話題:2015/10/16(金) 13:36:51.10 ID:y9GVBh3k0.net
>>271
そうそう。知らぬが仏。知れば鬼。
275:2chで話題:2015/10/16(金) 13:36:33.70 ID:5fZss3tU0.net
>>271
面白くないのは西日本だろ
ほとんど半島大陸由来なのがばれちゃうから
284:2chで話題:2015/10/16(金) 13:40:03.57 ID:xFw3exu80.net
>>275
半島大陸由来っていうけど
弥生人は大陸の江南由来の混血だろうし
奈良、飛鳥時代くらいは、半島南部は倭人の国で、
百済なんかは人質とってた同盟国みたいな感じだし
262:2chで話題:2015/10/16(金) 13:28:04.41 ID:77GKpeh60.net
大和日本→ヤマト読みは
その他の春日(カスガ)日下(クサカ)飛鳥(アスカ)長谷(ハセ)等の様に
漢語に和語を当てただけか
 
他にはナラ(平らな土地)奈良(万葉仮名)→平城などもある。
266:2chで話題:2015/10/16(金) 13:30:53.47 ID:xFw3exu80.net
旧唐書

倭国とは、古の倭奴国なり。
その国、居住地に城郭がなく、木を以て柵とし、草を以て屋根とする。
四面の小島、五十余国、皆、これに附属している。

その王姓は阿毎氏、一大率を置き、諸国を検察させ、皆はこれを畏怖している。
官には十二等級を設けている。
そこの訴訟をする者は、這って前に進み出る。
その地には女が多く男が少ない。甚だ文字を知り、俗人は佛法を敬う。


日本国は、倭国の別種なり。
その国は日の出の場所に在るを以て、故に日本と名づけた。
あるいは曰く、倭国は自らその名の雅ならざるを憎み、改めて日本と為した。
あるいは日本は昔、小国だったが倭国の地を併せたという。
そこの人が入朝したが、
多くは自惚れが大にして不実な対応だったので、中国はこれを疑う。

また、その国の界は
東西南北に各数千里、西界と南界いずれも大海に至り、
東界と北界は大山があり、限界となし、
山の外は、すなわち毛人の国だという。
310:2chで話題:2015/10/16(金) 13:54:49.05 ID:WIpeWwKi0.net
>>266
>また、その国の界は
東西南北に各数千里、西界と南界いずれも大海に至り、
東界と北界は大山があり、限界となし、
山の外は、すなわち毛人の国だという。

唐書でも方位ずらして書いてるのな
日本が大海に面するのは西界と南界ではなく南界と東界だろ?
何で南と東を変えて書くのだろうな
334:2chで話題:2015/10/16(金) 14:14:00.58 ID:S4SrEc3G0.net
>>310
毛人の域を超えて関東や東北にたどりつかないと
東を大海として認識できないんじゃね?
338:2chで話題:2015/10/16(金) 14:17:46.89 ID:f6/RqBlQ0.net
>>310
日本は中華の周辺国の分類で南国だもんな。東にあるのに。
漢倭奴国王の金印も取っ手が南の国に与えられる蛇になってるし。
345:2chで話題:2015/10/16(金) 14:20:43.91 ID:xFw3exu80.net
>>338
ほほー トリビアだな
269:2chで話題:2015/10/16(金) 13:32:27.43 ID:ZaWivIGV0.net
面倒なのが
邪馬台国のあとの大和朝廷の史書で
天照大神っていう女帝がいたり
天孫降臨で九州の高千穂峰に高天原から降りたって記録があることだよね

これが邪馬台国の卑弥呼なんかと関連付けられて
邪馬台国から大和朝廷になったと考える人がいること
もう滅茶苦茶なんだけど
それが通用するのが古代日本史の世界
278:2chで話題:2015/10/16(金) 13:37:07.21 ID:TF8hJ/ui0.net
一国の元首を邪な馬の国の卑しい弥呼と名付けるとか
中国の皇帝ってクズだよね(´・ω・`)
281:2chで話題:2015/10/16(金) 13:38:53.29 ID:ZaWivIGV0.net
>>278
それは中国の伝統芸能だから
気にしない方がいい
291:2chで話題:2015/10/16(金) 13:45:42.10 ID:4SVg9CPe0.net
変だよな
2000年位前の国だろ?
それよりもっと古い時代の遺跡とかは
ヨーロッパや中東にはいくらでもゴロゴロしてるっていうのに
なんで日本ではそれよりまだ新しい時代の遺跡がろくに残ってないんだよ
残ってないから未だに特定できないんだろ
最近になってやっと木簡が見つかったりとか今まで学者どもはまじめに探してたのかと
303:2chで話題:2015/10/16(金) 13:50:48.25 ID:DKtf22pvO.net
>>291
日本の建物って、基本木と紙なんだよ。
だから古いものが古いまま残るっていうのが難しいんよ。
だから伊勢の神宮の式年遷宮みたいに、古くなった物は全部解体して、
同じものを新しく建てるっていう保存方法になったみたい。
314:2chで話題:2015/10/16(金) 13:56:18.01 ID:ZaWivIGV0.net
>>303
でも法隆寺とか今でも残ってるわけだし
出雲大社のこれも江戸時代までは残ってたんだろ
http://www.tomomori-kogyo.co.jp/iz-taisya/izumo-taisya-cg.htm
こんなもん何十年に一度建て替える規模じゃないし
木でもそこそこ残るでしょ


332:2chで話題:2015/10/16(金) 14:12:42.51 ID:y9GVBh3k0.net
>>314
木も紙も保存環境次第だね
特に文字の書かれたものなんだし
337:2chで話題:2015/10/16(金) 14:15:16.76 ID:6qjBc52m0.net
長屋王の館のゴミ箱から大量の木簡が出てきてるわけだし
普通に残ると思うよ

長屋王(ながやのおおきみ、天武天皇13年(684年)? - 神亀6年2月12日(729年3月16日))は、
奈良時代の皇族。官位は左大臣正二位。
皇親勢力の巨頭として政界の重鎮となったが、
対立する藤原氏の陰謀といわれる長屋王の変で自害した。

昭和61年(1986年)から平成元年(1989年)にかけて、
奈良市二条大路南のそごうデパート建設予定地で
奈良文化財研究所による発掘調査が行われ、
昭和63年(1988年)には奈良時代の貴族邸宅址が
大量の木簡群(長屋王家木簡)とともに発見され、長屋王邸と判明した。

長屋王邸は平城宮の東南角に隣接する高級住宅街に位置し、
二条大路に面し、
南は曲水苑池の庭である平城京の左京三条二坊跡庭園と向かい合っている。
約30,000m2を占めていた。
出土した4万点に及ぶ木簡の中から、「長屋親王」の文字が入った木簡が発見され、
長屋王の邸宅であったことが判明した。
また、奈良時代の貴族生活を知る貴重な遺産ともなったが、
地元や研究者の反対にも関わらず遺構の多くは建設により破壊された。
現在はイトーヨーカドー奈良店として利用され敷地の一角に記念碑が設けられているのみである。
https://ja.wikipedia.org/wiki/長屋王
296:2chで話題:2015/10/16(金) 13:47:15.04 ID:4SVg9CPe0.net
中国じゃ西暦200年代の人間、三国志の曹操の墓も特定されてるんだぞ?
同時代の卑弥呼の墓がどこかわからないってなんだよ

曹操の埋葬地は長年不明であったが、
1998年に中国河南省安陽市安陽県安豊郷西高穴村で発見された
後趙時代の武人の墓誌から、同村付近にあると推定され、
2005年に発見された同地の大型古陵が
墓誌に記された方位と『元和郡県図誌』と合致することから、
曹操の陵墓とみなして発掘調査を進めた。
この結果、約740平方メートルの面積の陵墓から、
曹操を示す「魏武王」と刻まれた石牌など200点以上の埋葬品や
60代前後の男性の遺骨と女性2人の頭部や足の遺骨が発見され、
中国河南省文物局が曹操の陵墓であるということを2009年12月27日に発表、
中国社会科学院など他の研究機関も曹操高陵の可能性が高いとした。
https://ja.wikipedia.org/wiki/曹操
299:2chで話題:2015/10/16(金) 13:49:21.09 ID:5fZss3tU0.net
>>296
もし曹操の子孫が今も生き残ってて中国の皇帝やってたら
やっぱり当時の歴史はほとんど分からなかったダロウネ
316:2chで話題:2015/10/16(金) 13:57:35.03 ID:y9GVBh3k0.net
>>296
ぶっちゃけると、中国は当時の勢力が不在で、日本は健在
だから下手な憶測でガンガン進めるのが難しいし、
天津神系や前方後円墳の発掘は行政が迅速だけど、
そうではないと行政も腰が重い
関東圏の古墳が雑なのもだいたいこれ
318:2chで話題:2015/10/16(金) 13:59:40.30 ID:6qjBc52m0.net
曹操は、皆に恨まれてるから
暴かれないように偽墓いっぱい作りそうな気がする(策士だからね)
330:2chで話題:2015/10/16(金) 14:11:16.90 ID:fq1t7Nyd0.net
>>318
ていうか、アイツ自分の死んだ後の墓とかどうでもいいと思ってそう
347:2chで話題:2015/10/16(金) 14:22:12.64 ID:D6JCtTRF0.net
九州から奈良まで全てを大和大国という
首都はたまに変わる
351:2chで話題:2015/10/16(金) 14:26:20.08 ID:y9GVBh3k0.net
>>347
ぶっちゃけ上下水道の整備をしてない古代都市は遷都が普通にあるからね
353:2chで話題:2015/10/16(金) 14:29:32.80 ID:nqgASeeV0.net
>>351
というか当時は帝が崩御されれば遷都じゃないの
死穢を避けるということで
354:2chで話題:2015/10/16(金) 14:31:01.82 ID:LfMWdG300.net
>>353
古事記だとしょっちゅう都を移してるよな
修羅の国の朝倉にも天皇が住んでたことあるらしいし
357:2chで話題:2015/10/16(金) 14:33:48.39 ID:++yAq60o0.net
でもメジャーなのは平城京、長岡京、平安京くらいじゃない
376:2chで話題:2015/10/16(金) 14:47:12.94 ID:jib34D3E0.net
古墳を全て発掘調査すればいいんだよ
404:2chで話題:2015/10/16(金) 15:21:51.47 ID:Eg661CCfO.net
継体以前の歴代天皇陵を発掘したら色々と解ってくるんだろうな
無理だろうけどw
381:2chで話題:2015/10/16(金) 14:53:31.02 ID:f6/RqBlQ0.net
神功皇后を卑弥呼だとする説が魅力だけどな。

当時、すでに大和に国家の中心は成立していた。
で、三韓征伐のための遠征軍を送るために、
北九州に大和朝廷の主要部が移動してきていたとか。
魏は何も無くて使いを送ったんじゃなくて、
日本の首脳部が九州まで来ているからこそ、
そのタイミングで来たんじゃないか。
軍事的な申し合わせもいるだろうし。

今の北九州の皇后崎あたりに駐屯地があって
大和勢力圏になってたのを、
地元の人が「ああ、あそこがヤマト(の基地)だよ」と。
386:2chで話題:2015/10/16(金) 15:00:11.20 ID:RY+1DFH60.net
>>381
朝鮮出兵の時は名護屋だし
日清戦争の時は広島大本営おいたし
そうするのが自然かもな
391:2chで話題:2015/10/16(金) 15:03:30.12 ID:JehufxQt0.net
>>381
九州までの道のりは正確なのに
邪馬台国までの道のりが伝聞になってる点とも合致する
383:2chで話題:2015/10/16(金) 14:56:13.35 ID:2k6gRFSx0.net
2世紀ごろのことがよく分からないということはだ、
王朝とかたいそうな呼び方をするのもおこがましい
日本列島は超ど田舎だったということだ
397:2chで話題:2015/10/16(金) 15:16:27.44 ID:RkyuW4pJ0.net
>>383
文献を残すだけの文化がなかったってことだもんなあ
389:2chで話題:2015/10/16(金) 15:01:41.30 ID:k1eSNk9D0.net
>>383
集落はそこそこあったと思う思うが
中華から見たら国と呼べる規模ではなかったのだろうな
豪族は諸侯だろうね
644:2chで話題:2015/10/17(土) 00:53:49.63 ID:mnfEH7qt0.net
>>383
中国とかいう超大国がすごすぎた
古代中国はやばい
漢方医学とか今でも通用するわけだし
393:2chで話題:2015/10/16(金) 15:08:02.68 ID:NAYmVsqE0.net
どう考えても邪馬台(ヤマト)国なのにな

倭国も中国が矮小化して表記しただけで大和国だし
394:2chで話題:2015/10/16(金) 15:10:07.18 ID:JehufxQt0.net
>>393
倭国=和国だろうね

当時は当然漢字がなかったので
中国人が漢字を当てただけ
459:2chで話題:2015/10/16(金) 16:22:24.65 ID:vQCqfqLz0.net
文献とか言う恣意的に書いてあるものを参考にせず
遺跡から出土したものから分かる事実だけで判断した方がいいと思うの
497:2chで話題:2015/10/16(金) 17:43:46.60 ID:w2+/AhF5O.net
全ての古墳調べたい
498:2chで話題:2015/10/16(金) 17:46:15.65 ID:VwsZMO4e0.net
エジプトの墓荒しみたいなのはちょっと…
509:2chで話題:2015/10/16(金) 18:00:19.22 ID:Lpp5PotH0.net
>>498
エジプトは、古代文明も古代王朝も崩壊、消滅しているから、
ピラミッドを自由に検証できるが、
日本の場合、皇室が現役だから色々と難しいだろうなあ。
万一、古墳から皇室の根幹を揺るがすようなものが発見されてしまったら
この国の権威や屋台骨そのものが危機に陥るからね
516:2chで話題:2015/10/16(金) 18:05:36.16 ID:VwsZMO4e0.net
>>509
キトラ古墳の失敗みたいなことにもなりそうで嫌ですよねえ
504:2chで話題:2015/10/16(金) 17:54:46.90 ID:IFRCbQXG0.net
群馬にあったにきまってんだろ
505:2chで話題:2015/10/16(金) 17:56:14.10 ID:Lpp5PotH0.net
>>504
 群馬にはいまだに文明すらねーじゃん
569:2chで話題:2015/10/16(金) 20:31:40.60 ID:hpRdOtAN0.net
土建屋が見つけても無かった事にした遺跡や出土品が沢山あるからな
たぶんもう一生わからないだろ
662:2chで話題:2015/10/17(土) 03:21:39.46 ID:XW44shn10.net
九州→近畿遷都説が好き
678:2chで話題:2015/10/17(土) 06:00:37.71 ID:44hGdRd70.net
このままハッキリしない方が
話題になり続けて良いかもね
邪馬台国って明らかにヤマト王権のことなのに何故かタブー視されてるよね
引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1444960440